2012年12月06日

サンフランシスコ出張日誌(大会3日目)

t_R0012614.jpg
今日の午後は、興味のある分野の口頭発表セッションとポスター発表で盛り沢山。
しかし、遅れてやってきた時差ボケで、いまひとつ集中できず。おまけに毎日大量にコーヒーを飲んでしまったためか、胃腸の調子まで悪い。アメリカの人は、薄いコーヒーを、まるで麦茶のように沢山飲むのだけれど、普段あまりコーヒーを飲まない私が同じ事をしたらダメだと反省。
ポスター会場ではアラスカ大学のALFRESCO(植生モデルです)グループが、今後5年間の研究計画のポスターをだしているのを発見。我々も東シベリアで同じ方向性の研究を行おうと計画しているので、このグループの動向も興味深く見ていこうと思いました。口頭発表では、植生モデルの感度分析とかモデル相互比較に関する話が目立ちました。このあたりもトレンドというか、モデルが取りあえず完成して一通りの解析を終えた後では、当然進むべきステップなわけで、そういう仕事が様々なグループで順調に進行している模様です。
18時に口頭発表のセッションが終わると、たまたま同じ会場にいたK氏とH氏とF氏とで会場近くのタイ料理屋にて夕食。胃腸に優しそうなサッパリとした汁ソバを頂き、ホテルに戻って入浴と歯磨きを済ませ、早めに就寝。しかし僅か2時間で目が覚め、明日の大会プログラムを調べたり、発表の練習をしたり、こんな日記を書いている次第。
写真は昨日撮影した会場近くの広場。煉瓦色の建物はモマ美術館です。本日は雨降りで、毎日天気が今ひとつです。
posted by さとうひさし at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務日誌