2010年09月24日

衰退国家日本

・尖閣沖衝突、中国人船長を処分保留で釈放
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100924-728653/news/20100924-OYT1T00677.htm

・資源エネルギー庁は24日の自民党の外交部会で、中国が東シナ海ガス田「白樺」(中国名・春暁)の掘削を始めた可能性が高いとの認識を示した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100924-00000125-jij-pol

政府が国の主権を守る気概を無くしたら、それはもう国家の体を成してない状態だと思う。レアメタルの輸入とか、クボタの社員4名の命と引き替えに、もっと遙かに大事なものを渡してしまった気がする。
この調子だと20年後とかには沖縄県は中国領かも。
国に雇われている自分の身分が嫌になった一日でした。
posted by さとうひさし at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活日誌

2010年09月13日

組長日記

100913.PNG
今年の4月から9月までの任期で、地元町内会の組長ってのを努めています。担当範囲は、官舎の僕の入居している建物だけだし、それに普段の仕事は、回覧板を回したり町内会費を集めたりするくらいで、それほどの手間ではありません。だけど先日、建物の掃除状態に関して苦情がでたので、添付のような文章を作って配布してみました。掃除状態が悪いのは分かっていたので、以前から対策を取りたかったのだけど、どの程度まで組長の独断で動いて良いか決めかねてたので、口実に使える苦情が出てむしろ助かりました。で、早速、今の掃除当番の世帯が掃き掃除をやってくれるなど、効果はあった様子。任期を終える前に一仕事できて良かった。

あとは、最近ゴミの捨て方が滅茶苦茶なので、できればそれも改善したいところ。とりあえずは、警告の張り紙をしてもらうよう、大学の官舎担当に依頼してみるつもり。

それで直らなければ、監視カメラを設置、ルール違反のゴミ捨てをしている違反者の画像を、顔だけモザイクかけてプリントして全戸に配布、それで直らなければ徐々にモザイクを薄くしていく、、。どんどん膨らむアブノーマルな妄想。でも、妄想を実現させる前に任期が切れてしまいそうです。
posted by さとうひさし at 23:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 生活日誌